販売データの活用方法とは|フランチャイズを利用すれば塾の開業も安心して行える

フランチャイズを利用すれば塾の開業も安心して行える

販売データの活用方法とは

男女

店舗での売り上げを増やすための有力なツールとして、POSシステムがあります。これはレジに導入することにより、いつどんな商品がどれくらい売れたのかをデータとして蓄積し、さらに分析できるものです。このPOSによる売り上げデータを分析することにより、利益率を高めることが可能となります。まずよく売れている商品を把握することで、仕入れを効率良く行えるようになります。さらに季節や時間帯によっても種類を変えることで、狭い店舗でも商品の回転率を高めることができます。またお店の立地によっては、顧客層が変わります。どんな顧客層にどのような商品が売れているのか、そのデータを蓄積させることによって、チェーン店などは他のお店に役立てることができます。

POSによるデータ分析によって、新たな販売機会を得ることも可能です。例えば特的の商品同士がペアで購入されていることがわかれば、その売り場を近づけるようなレイアウトにすることができます。また商品の値下げをどのように行えば、最も利益率が高まるのかも調べることができます。時期や値下げ率などを細かく調べることが可能です。さらに店舗内のレイアウトをどのように変えると、どれ位売り上げに影響があるのかも調べることができます。このようにPOSを活用することで様々な試行をすることができます。同じ商品を陳列するのでも、その置き方を変えるだけで売り上げがどのように変わるのかを追求することができます。限られた店舗の中で最も効率の良い売り方を模索することができます。